毎日のメイクで使う道具の手入れ、きちんとしていますか?メイク道具は傷んでいないように見えても、手入れをしないと思わぬ肌トラブルを起こす可能性があります。特に、ベースメイクに使うファンデーションのスポンジは、肌の皮脂などが付着するので、そのまま放置してしまうと肌に悪影響を起こしてしまいます。

今回は、メイクスポンジの洗い方はケアの際の注意点について紹介していきます。

メイクスポンジを洗わないとどうなる?

メイクスポンジを使ったままそのままにしてしまうと、皮脂が付着して汚れや雑菌が繁殖してしまいますその状態のメイクスポンジを使っていると、肌が炎症を起こして荒れてしまうことがあるので、要注意です。

また、皮脂がついたままのスポンジを使ってメイクをすると、うまく肌になじまずにムラになってしまうこともあります。ムラになるとメイクの仕上がりも悪くなってしまうので、気をつけなければなりません。

メイクスポンジの洗い方

メイクスポンジクリーナーを用意する

メイクスポンジを洗う際には、まず洗浄剤を用意しましょう。ドラッグストアや100円ショップなどには専用のスポンジクリーナーなどが販売されているので、これを使うのもおすすめです。ただ、家にない場合は、わざわざ買いに行かなくてもスポンジの洗浄をすることはできます。

家にある石鹸やクレンジングオイル、中性洗剤などを使っても汚れを落とすことができるので、クリーナーがない場合にはこれらを代用してみるといいでしょう。

クリーナーをつけて洗う

ブラシなどを洗う時には洗浄剤をぬるま湯に溶かしてからそこにつけて洗いますが、スポンジの場合は洗浄剤を直接つけて洗います。スポンジに洗浄剤をつけたら、そこに垂れない程度のぬるま湯を足して、もみこみます。

この時、爪を立てるとスポンジを傷つけて劣化させてしまうので、爪を立てないように指の腹を使って優しく洗うことが大切です。揉み込んでいけばすぐに汚れが浮いてくるので、洗う時間としては30秒ほどで充分です。

しっかりとすすぐ

スポンジに洗浄剤をつけてしっかりと揉み込んだら、しっかりとぬるま湯ですすぎましょう。すすぎが不十分だとスポンジに洗浄剤が残り、これが次回のメイクの際に肌に触れると刺激となって肌荒れを起こす可能性があるので、注意が必要です。

スポンジをすすぐ場合は、泡や汚れがしっかり落ちるまで洗うことが大切です。ファンデーションが残っていると色が出てしまうので、できる限り色が落ちるまで洗いましょう。

しっかりすすいだ後は、吸水性の良いタオルで挟んで水気を拭き取りましょう。

十分に乾燥させる

タオルで水気を拭き取った後は、乾いたタオルの上に乗せて乾かしましょう。干す際には陰干しをして、十分に乾くまで待ちましょう。水分が残ってしまっている状態でメイクポーチなどに戻してしまうと、雑菌が繁殖する可能性があるので要注意です。

晴れの日であれば半日ほどで乾くので、十分に乾いたのを確認してからメイクポーチに戻しましょう。複数のスポンジを用意して洗い替えとして使うと、いつでも清潔な状態のスポンジを使うことができます。

メイクスポンジを洗う際の注意点

週に1回は洗う

メイクスポンジを洗う際、その頻度が気になるという人もいるでしょう。毎日洗う必要はありませんが、できる限り頻繁に洗った方が清潔に使用できますし、メイクの仕上がりも良くなります。

洗わないまま放置してしまうと、スポンジに皮脂が残ってファンデーションの伸びも悪くなってしまいますし、雑菌も増えます。1週間洗わずに放置したスポンジにはトイレよりも多い数の雑菌が繁殖しているとされているので、要注意です。

また、夏倍は湿気も多くなり、約8万個もの雑菌が繁殖するとされているので、最低でも週に1回は洗うようにしましょう。

強く絞らない

スポンジをすすいだ後はついつい強めに絞りたくなりますが、絞りすぎるとスポンジが傷みやすいので、気をつけましょう。スポンジの水気を切る際には、絞るのではなくタオルで水気をふき取るようにすると良いでしょう。

必ずしも強く絞ってはいけないというわけではありませんが、絞りすぎることでスポンジの劣化が進んでしまいます。スポンジを長く使いたいと思うなら、優しく扱うことが大切なのです。

肌触りが悪くなったら、処分する

スポンジをきれいに洗うことで繰り返し清潔な状態で使うことができますが、スポンジは消耗品なので、寿命があります。きれいに洗って使っていたとしても、次第に弾力がなくなってゴワゴワしてくることがあるのです。このような状態になったら替えどきなので、新しいものに変えた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、メイク用スポンジの洗い方について紹介してきました、メイク用スポンジを使うことでファンデーションなどをきれいに仕上げることができますが、洗わずに使っていると雑菌が繁殖して肌荒れを起こしてしまうことがあるので要注意です。

また、ファンデーションに肌の皮脂がついてしまうと、次回使う時にムラになるなどメイクのりが悪くなる可能性があるので注意しましょう。スポンジはしっかりと洗ってよく乾かし、清潔な状態で使えるように手入れをしておくことが大切です。