誰でも一度は「うわっ、この女性の香水キツイ…」と感じた経験があるのではないでしょうか?

香水は上手に使えば自分の魅力をアピールできますが、間違った付け方をすると印象はガタっと落ちてしまいます。

ニオイは自分では気付きにくいし周りも指摘しにくいからこそマナーを守って使いましょう!

香水を付けるときの注意点

まずは意外とやりがちな香水を付けるときの注意点をご紹介します。
間違った使い方をしていると香水が変質して、悪臭に繋がる可能性もあるのです。

「キツイ」というより「クサイ」と感じる人は当てはまっているかもしれません!

手首で香水をゴシゴシ擦る

香水を手首に数回プッシュしてゴシゴシ~っと擦り合わせる…。
こちらは一番やっている人が多いのではないでしょうか。

テレビでもよく見かけますが、実は間違った付け方なんです!

香水は摩擦が起こると、せっかくの香りが飛んでしまいます。
さらに皮脂と混ざって本来の香りが変質することも…。

付けるときはポンポンと優しく叩くか、コットンで馴染ませるようにしましょう。

消臭スプレー代わりに使用する

「汗をかいたから香水をつける」
「タバコのニオイが気になるから香水をつける」

…このように香水を消臭スプレー代わりに使っている人もいると思います。

しかし香水はニオイが強いものと混ぜると変質し、なんとも言えない悪臭を放ちます。
汗や外的なニオイが気になるときは消臭効果のあるスプレーを使用してください。

同様の理由で脇や足の裏など、ニオイが強い部位に付けるのも控えましょう!

洋服に香水を直接ふりかける

香水は肌に付けることが基本です。

洋服に付けると必要以上に香りが強くなったり、シミができたりする可能性があります。
特に香りが強い柔軟剤を使っていると、混ざって悪臭になるので注意してくださいね。

しかし肌が弱いなどの理由で直接付けられない場合は、スカートの裏地やハンカチなど目立ちにくい場所に付けることをおすすめします。

正しい香水の付け方

香水はただ吹きかければいいわけではありません。
付ける量や時間などによってキレイに香るかどうかが変わってくるのです。

さらに付け過ぎ防止にもなるので試してみてくださいね。

香水を付ける前は体を清潔に

なるべく身体を清潔な状態にしておいてください。
上記にも書きましたが、香水は汗と混ざるとニオイが変質します。

外出中でシャワーを浴びるのが難しい場合は、ニオイが出やすい脇や首筋を汗拭きシートで軽く拭いておくと良いです。
香りが混ざらないように無香料のものを選んでくださいね。

香水を付けるのは30分~1時間前

香水が一番キレイに香る時間は30分~1時間後です。
誰かと会うときはこの時間を逆算して香水を付けると丁度良いですよ。

最初の10分はアルコールが強く、本来の香りが出てきません。
「あれ?こんなニオイだったっけ…」と思うこともありますが、時間が経つに連れて香りは変わるので、付け足さないように気を付けましょう。

香水を付ける量は1プッシュ

香水は1プッシュ(1滴)が一番適している量です。

少ないと思うかもしれませんが、香水は自分が思っているよりも強い香りを発しています。
自分で香りがわかるようであれば完全に付け過ぎです。

付け過ぎたと感じた場合は洗い流すか、ウェットティッシュなどで軽くオフしてください。

付ける場所によって香りは変わる

香りを強く出したいとき … うなじ・手首・胸元

香水は温度が高いほど強く香りを出します。
うなじや手首には太い血管が通っていて温度が高くなりやすいため、彼氏とのデートなど香りを強く出したいときはおすすめです。

ただしこちらの方法はコロンやミストなど香りが弱いもので推奨されています。
ニオイが強すぎると不快に感じさせる可能性もあるので、TPOを意識して付けるようにしてください。

ふんわり香りを出したいとき … ウエスト・腰・太もも・足首

香水は下から上に向かって香りを出す特徴があります。

香りが弱くなってきた頃に上半身へと香りが移動するため、ちょうど心地良い香りが漂うようになりますよ。

特に太ももや足首は歩くたびに微かに香りが漂うのでおすすめです。

ふんわり漂う香り美人に

ニオイというのは良い意味でも悪い意味でも人の印象に残ります。

良い香りが漂っている子は心地が良くて、つい長話をしたくなりますよね。
さらに職場でも「TPOのわかる子」としっかりした印象を持ってもらえることでしょう。

しかしどんなに美人でも話しやすい子でも、香水がキツイ子は近寄りたくないという印象を与えてしまいます。
魅力をアピールするものが逆効果になってしまうのはショックです。

ニオイは自分では気付きにくいし、周りも指摘しにくいです。

いつの間にか自分から人が離れていた…
なんてことにならないように香水の付け方をマスターしておきましょう!